あれこれリサーチ

気になる話題や情報を調査しています

厚木鮎まつり大花火大会2017の場所取りと穴場スポットは?

      2017/05/19

厚木花火大会

出典 http://hanabi.walkerplus.com/photo/detail/33242.html

厚木市最大のイベントである「あつぎ鮎まつり」は、大花火大会やパレード、ダンスコンテストなどなど、市民参加のお祭りが2日間にわたって大盛り上がりをみせます。

特に、厚木鮎まつり大花火大会においては、毎年50万人以上の人々が訪れるほどの大人気です。
厚木鮎まつりの初日を飾る花火大会は、打ち上げ場所と会場の場所が近く、大迫力な花火を体験できるのが特徴。
県下最大級の1万発の打ち上げ数を誇る花火は、スターマインを中心に、フィナーレのナイアガラなど、見応え充分ですよ。

2017年今年のあつぎ鮎まつり大花火大会の日程をはじめ、時間や場所、駐車場情報などをお知らせします。
また、場所取りや穴場スポットもご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

 

厚木鮎まつり大花火大会の日程・時間・場所・駐車場は?

厚木花火大会

出典 http://hanabi.walkerplus.com/photo/detail/34245.html

<日程>
2017年(平成29年)8月5日(土)
小雨決行、荒天時は8月6日(日)に順延

<時間>
19時~20時30分

<打ち上げ数>
約1万発

<会場場所>
相模川河川敷(三川合流点)

<アクセス>
【電車】
・小田急小田原線本厚木駅北口:徒歩15分
・JR相模線厚木駅:徒歩15分
【車】
・東名厚木ICから約20分
・圏央道海老名ICから約15分

<駐車場>
主催者側が提供する駐車場なし

・厚木中央公園地下駐車場
・中町立立体駐車場
・農協
・ふれあいプラザ
・本厚木駅南側の駐車場

などの有料駐車場を利用することができますが、当日は大混雑となりますので、可能な限り公共交通機関で来場する方が良いです。
もし、どうしても車で…ということなら、早めが必須。午前中のうちには駐車場に停めておくのが安心です。復路のことも十分考えて行動しましょう。

<交通規制>
花火大会当日は、会場周辺で全車両通行止め:17時~22時

<有料席>
あり
※例年7月初旬よりセブンチケットにて取り扱い

<お問い合わせ先>
あつぎ鮎まつり実行委員会:046-295-5496

 

あつぎ鮎まつり大花火大会の場所取り

場所取り

出典 http://hama69.at.webry.info/200908/article_7.html

あつぎ鮎まつり大花火大会で、場所取りするのは、大混雑必至のため結構難儀します。
特に、ナイアガラが間近で観賞できる人気の高い相模川河川敷は、なおさらです。
例年、16時過ぎには入場制限がかかってしまうほど。

この場所は、ベストスポットエリアであるが故、仕方ないことですよね。

場所取りは、当日早朝からできますが、昼頃にはすでにシートで埋め尽くされている状態です。
この場所で、是が非でも観賞したいということなら、午前中のうちには、場所取りする必要があります。

また、別のスポットとして、小鮎川、相模川、中津川の合流地点付近も人気があります。
打ち上げ場所が近いので、頭上に花火が上がる感覚を楽しめ、迫力満点なんですね。
こちらも、午前中の場所取りは必須です。

スポンサーリンク

 

厚木鮎まつり大花火大会の有料観覧席

あつぎ鮎まつり大花火大会では、有料観覧席の用意があります。

●第1エリア(相模川河川敷三川合流点):シート席
~大玉打上げ地点まで200m、フィナーレの大ナイアガラまで最短100m

●第2エリア(相模川河川敷あゆみ橋上流):イス席・シート席
~大玉打上げ地点まで400m

チケットは、セブンイレブン店頭直接購入orインターネット予約購入ができます。
例年、7月初旬に受付開始となりますので、適宜、厚木市観光協会ポータルサイトをチェックしてください。

 

 あつぎ鮎まつり大花火大会の穴場スポットってある?

有料席を購入しなくても、早朝から場所取りに躍起にならなくても…という穴場スポットをいくつかご紹介します。

 

<穴場1:厚木野球場>


厚木野球場は、花火大会当日には無料開放されます。
広々としているのはもちろん、花火も綺麗に見える場所です。
本厚木駅から、徒歩15分ほどの位置にあります。

 

<穴場2:相模三川公園内スポーツ広場>


相模三川公園の上流の方に位置します。
芝生スペースが広いのでゆっくり座って花火見物ができるので、レジャーシートを持参しましょう。
隣にある相模三川公園内にトイレもあるので安心ですね。

 

<穴場3:厚木中央公園>


本厚木駅からも近く徒歩5分程度です。
厚木中央公園では、昼は鮎まつりのイベントが開催されるので、昼から夜まで移動しないで楽しむことができます。

屋台も出ているので腹ごなしもできますよ。トイレもあって、長時間滞在しても大丈夫です。
ステージ周辺は無理ですが、芝生スペースがあるので、花火が見える場所を見つけてゆっくり座って観賞しましょう。

 

<穴場4:相模三川公園>


この穴場スポットへ向かうのには、海老名市からとなります。
厚木市方面からは、近くに橋がないので最短で行くことができないため、混雑も少なめです。
トイレもありますし、芝生エリアでシートを敷いて場所取りできます。

 

<穴場5:金田第二青少年広場>


花火会場の近くになりますが割りと空いているのは、駅から多少離れた位置になるからかもしれません。
場所取りは、夕方くらいでも可能でしょう。
本厚木駅から会場を過ぎて向かうことになります。

打ち上げ場所に近いので、花火は綺麗に見える場所です。

 

ステージイベント

出典 http://pressrelease-zero.jp/archives/36157

あつぎ鮎まつり大花火大会は、あつぎ鮎まつりのスタートを切るイベントです。
花火大会の目玉である、相模川の長さを利用したフィナーレのナイアガラやスターマインの連発、大玉打ち上げは、まさに圧巻。

打ち上げ数も1万発と神奈川県屈指の規模です。

あつぎ鮎まつりは、花火大会だけではなく、お祭り自体も人気がありますよ。

昼の催し物のショーやライブ、屋台もワクワク感を盛り上げます。
1日を通じて子供から大人まで楽しめるものとなっているんですね。

ぜひ、あつぎ鮎まつりで、夏のお祭り気分を満喫してください。

スポンサーリンク