あれこれリサーチ

気になる話題や情報を調査しています

人気のアスパラベーコン巻きレシピ~簡単で美味しくできるのは?

      2017/08/02

アスパラベーコン
アスパラは、比較的年中出回っている野菜なので、あまり旬を意識しないで食べていることが多いかもしれません。
でもやはり、一番美味しいのは、春から初夏に採れる、いわゆる旬のものです。

普段より、確実にイキイキしているし、食べても瑞々しくて特に美味しいです。
しかも、多くとれる時期だからお値段も安いですしね。

そんな時期に食べないなんて、もったいないと思いませんか。

そこでアスパラの人気レシピである定番のベーコン巻きを幾つかご紹介しますので、作ってみてくださいね、お弁当のおかずにもぴったりですよ。

定番と言えど、アスパラベーコン巻きの作り方はさまざま、ぜひ気になる簡単レシピを試してみてください。

スポンサーリンク

 

人気アスパラベーコン巻きレシピ~ちょっとの工夫で美味しく♪

アスパラベーコン巻き

出典 http://cookpad.com/recipe/2640186

【簡単下茹でなし醤油味のアスパラベーコン】
参考ページ:http://cookpad.com/recipe/2640186

<材料>(9~10個)
・アスパラ             10本程度  
・ハーフサイズベーコン       9枚くらい
・醤油or麺つゆ(風味づけ)     ひとまわし程度
・爪楊枝              10本位

<作り方レシピ>
1:アスパラの根本をしならせてポキっと折って取り除き、除いた部分は使わない。
2:アスパラをカット、3等分くらい(ベーコンで巻いたときちょっと両端がでる程度)
3:ベーコンでアスパラ2~3本を巻いて楊枝でとめ、フライパンに油をひかずに焼く。
4:全体に軽く焼色がついたらフライパンに蓋をして弱火におとして1~3分程度焼き、アスパラに火を通す。
5:醤油を回し入れて軽く焼いて出来上がり、楊枝を抜いて皿に盛りつける。

※フライパンに蓋をして蒸し焼きっぽくする時間は、アスパラの硬さのお好みで調節してください。かためが好きならば、短めに。
※フライパンを揺すりすぎながら焼くとベーコンがちぎれることがあるので注意!

 

【楊枝いらず~アスパラベーコン巻き】
参考ページ:http://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1360004853/

<材料>(3人分)
・アスパラ             4本
・ハーフベーコン          6~8枚位
・コショウ             少々

<作り方レシピ>
1:アスパラの茎は下の方をしならせてポキっと折り、取り除いてからベーコンに合わせてカット(ベーコンの端からちょっと出る位の長さで)する。
2:アスパラの下側と穂先を若干の時間差で柔らかくなるまで茹でる。
3:ハーフベーコンを半分に切って、包丁の切り口の方からアスパラを巻き始め、巻き終わりが真ん中にくるように巻きあげる。
4:巻き終わりを下にして耐熱皿に並べてレンジで1分程度加熱する。
5:それから、巻き終わりを下にして4をフライパンで焼き、両面に焼色が付いたら出来上がり、好みでブラックペッパーをふる。

 

【蒸し焼き不要、生焼けなし簡単アスパラベーコン巻き】
参考ページ:http://cookpad.com/recipe/2815587

<材料>(10個分)
・アスパラ             5本
・ベーコン             5枚
・バター(お好みで)        小さじ1
・塩、コショウ           極少々

<作り方レシピ>
1:アスパラの茎の方の根本部分を1センチくらい切り落とし、下10センチ部分をピーラーで皮を剥いておく。
2:1のアスパラをラップでふんわり包んで、500Wのレンジで20秒加熱後、流水で冷やす。
3:2のアスパラを4~3等分に切り分け、半分に切ったベーコンで2本ずつ巻き、巻き終わりを楊枝で留める。
4:熱したフライパンで、お好みでバターを入れ3を強めの弱火程度で焼き、ベーコンにほどよく焼色がついたら、塩胡椒を極少量のみふって、キッチンペーパーにとり、油を切る。
5:楊枝をはずし、皿に盛り付けて出来上がり。

※アスパラのレンジ加熱は、半分程度の火が通るくらいのが目安です。使用するレンジのW数によって時間を調節してください。
※バターはなくてもOKです、ベーコンから油がでるので、もっとコクが欲しい場合に使用してください。塩胡椒もかけすぎるとしょっぱくなるので控えめに。
※蒸し焼きよりも加熱ムラができにくいです♪

スポンサーリンク

 

【見栄えの良いアスパラベーコン巻きが美味しい!】
参考ページ:http://cookpad.com/recipe/737281

<材料>(5個分)
・アスパラ             太いもの5本(細ければ10本)
・ベーコン             5枚
・黒こしょう            少々

<作り方レシピ>
1:アスパラの根本固い部分をポキっと折り、ベーコンを斜めに1本そのままのアスパラに巻き付ける感じで(クルクルクルと)巻く。
2:ベーコンの巻き終わり部分を下にして、そのまま油をひかないフライパンで、じっくり弱火で焼く。
3:2をひっくり返して裏もしっかり焼き、ベーコンに焼き目がつき、アスパラに火が通ったら、黒こしょうをふって出来上がり。

※フライパンで焼く際に、アスパラにしっかり火を通して柔らかくしたい場合は、蓋をして蒸し焼きにしても良いです。
※塩気を強めにしたければ、塩をふって調節してください。
※ベーコンによりアスパラから剥がれやすいことがあるので、その時には楊枝で留めてください。

 

【男前なアスパラベーコン巻きあっさり梅味】
参考ページ:http://cookpad.com/recipe/2290130

<材料>(8本分)
・アスパラ             8本くらい
・ベーコン             8本くらい
●梅干し              2個
●酒                大さじ2
●醤油               小さじ1
●みりん              大さじ2
・マヨネーズ            お好み

<作り方レシピ>
1:梅干しは種をとってたたいてから●を全部合わせておく。
2:アスパラは根本の下1センチ位を切り落とし、下5センチ位をピーラーで剥く。
3:ベーコンをそのままのアスパラ1本にクルクルとキツ目に巻きつける。
4:全部巻き終わったら、フライパンでベーコンの巻き終わり側を下にして油をひかずに焼く。
5:ベーコンにこんがり焼色がついたら、1の●を合わせたものをフライパンに投入、フライパンの蓋をして蒸し焼きにする、弱火で1~3分。
6:5の蓋を開けて、フライパンを揺すりながら煮汁を煮詰めて照りが出たら出来上がり、皿に盛り付けてお好みでマヨネーズを添える。

※ベーコンは、豚バラ肉でも美味しいです。
※ベーコンをアスパラに巻きつけた後、お好みで胡椒を少々ふってOK。

 

【居酒屋風なアスパラベーコン巻き~スタミナばっちり】
参考ページ:http://cookpad.com/recipe/2722816

<材料>(1~2人分)
・アスパラ             4本
・塩                二つまみ
・ベーコン             7枚
・バター              大さじ1
・チューブニンニク         5センチ
・粗挽き黒こしょう         適量

<作り方レシピ>
1:アスパラの根本の下1センチを切って、更に下5センチ位の部分をピーラーで剥き、アスパラを3等分くらいに切っておく。
2:たっぷりのお湯に塩を入れ、アスパラを茹でる~茎に近い方の2/3を先に入れて約1分、そのあと穂の方を入れてさらに1分でザルにあげる。
3:ベーコンで切ったアスパラ1~2本ずつ巻いて巻き終わりが下になるよう爪楊枝を刺して留める。
4:バターとニンニクを入れたフライパンを弱火で熱し軽く混ぜて、3の巻き終わりを下にして入れ、フライパンの蓋をして蒸し焼きにする。
5:ベーコンの焼色を見ながら黒こしょうをし、裏返して、更に両面こんがり焼く。
6:焼きあがったら楊枝をはずしてお皿に盛りつけ、出来上がり。

※固い方のアスパラは1本巻きが良いかもです。
※焼いている最中に、形が固定してきたら楊枝をその時点ではずしてもOKです。
※お好みのアスパラの硬さで火加減を調節してください。

アスパラベーコン巻き

旬の時期にたくさん食べたいアスパラ。
いろんな調理法がありますが、中でも大人気のアスパラベーコン巻きは、よく作るって人も多いのではないでしょうか。

そうそう作り方やレシピは普段変えることって少ないと思いますが、ちょっとした工夫で時間短縮できたり、失敗を少なくできることって結構あるんですよね。
味付けにしても、いつものシンプルなものの他に、たまには違った調味料の組み合わせを試してみるのもいいですよ。

意外な美味しさを発見することもあるかもしれません、ぜひ、いろいろと作ってみてくださいね。

スポンサーリンク