あれこれリサーチ

気になる話題や情報を調査しています

足がつるのは病気かも…原因と対処法~予防するためには?

   

こむら返り何気ない時に足がつることがありますよね。
多くの場合は、寝ている時にいきなりとか、運動中のふとした瞬間に…などだと思います。

たまに足がつるようなことがあっても、そんなに気にならないのが普通です。
でも、これが頻繁に起こると、自分は何か病気なのかも…と心配になったりするかもしれません。

足がつる原因にも、なにも問題ないものから、病気の前兆や、特有の症状である場合など様々です。
日頃の生活習慣を見直すことで予防できることもありますよ。

そこで足がつる原因と対処法をお伝えします、気になる方は是非チェックしてみてください。

スポンサーリンク

 

足がつる原因~考えられるものは?

水分補給
足がつる原因として大まかに考えられるものをあげてみます。

●筋肉疲労
運動強度が強いと、筋肉疲労により足がつることがあります。運動前後の準備体操や、ストレッチ不足も要因のひとつです。
久しぶりの運動で、急にスポーツをやり始めた時にも起こりやすいのです。

●ミネラル不足・電解質バランスの乱れ
食事や栄養面でミネラル不足になり、足がつる症状が出ます。
偏食や、ダイエット、高齢で食が細くなったなどでも可能性があります。

●水分不足
足がつるのは、ミネラル不足が原因となることがありますが、これに関係しています。運動で発汗し、水分を失うことによって体内のミネラルも体外に出ていってしまうためです。
運動だけではなく、加齢などによっても水分が不足しやすいです。

●下半身の冷え
性別で言うと、女性がなりやすいです。運動不足のために起こる血行不良や筋肉量が少ないと冷えが起こります。

●加齢によるもの
加齢によって足がつりやくなります。
年をとると筋肉が衰え、その機能が低下します。疲れやすくなり、同じ動作をしても若い人がする場合と比べると、その部分に疲労物質が蓄積されやすいんですね。その結果、足がつるという症状が起こってしまうのです。

足がつるときの予防と対処法

ストレッチ
<筋肉疲労にたいして>

運動前の準備運動やストレッチで筋肉をほぐしておくことが予防につながります。
普段から、適度な運動をこころがけるのが良いでしょう。

ふくらはぎが特につりやすく、日常的に使う場所のため疲労がたまっています。
運動のし過ぎで足がつる場合は、休養が一番です。

また運動することによって、汗をかいて体が水分不足になっている可能性もありますので、二次的にミネラル、電解質バランスが崩れているかもしれません。
同時に水分を摂取しておくのが良いでしょう。

 

<水分不足にたいして>

体の中の水分が足りなくなって足がつることも、筋肉疲労と同程度に多いかもしれないですね。

成人の体は、6割程度が水分です、それを2%失うだけで、運動能力が低下し、3%になると強い喉の乾きを感じ、ぼんやりしてきたり、食欲不振になったりすると言われています。

悪循環に陥るのを防ぐためには、速やかな水分補給が必要です。
水分が不足しているということは、ミネラルバランスも崩れていると考え、良質なミネラルウォーターを摂取してください。

 

<下半身の冷えにたいして>

下半身の冷えは、特に男性よりも筋肉量が少ない女性に多いです。
女性であれば、手足の先の冷えに悩んでいる人も少なくないのではないですか?

冷えによる血行不良で足がつるような時には、冷え性を改善するのが先決です。
血行が悪ければ、疲労物質が蓄積しやすく、足がつりやすくなります。
冷え性の弊害は、足のつりだけではありませんが^^;

生活習慣を変えて冷え性が良くなったとすれば、足がつることへの予防となります。
一朝一夕にはいかないでしょうが、冷え性改善対策としては~

・シャワーではなく湯船に浸かるようにする
・冷えた食べ物、飲み物は摂らない
・腹巻きをする
・食事を抜かない
・甘いものを摂り過ぎない
・冷えとりソックスを履く

などなど、他にも数えきれない程ありますので、自分にできることから始めてみることをおすすめします。

スポンサーリンク

 

<ミネラル・電解質バランスの崩れにたいして>

ミネラルや電解質は、体の働きを助ける大切なものです。筋肉や神経は、このバランスが崩れると異常を起こします。
筋肉が痙攣し、足がつるという状況に陥るんですね。
ミネラル飲料などで補給しましょう。

 

<加齢にたいして>

若返るわけにはいきませんし(笑)どうしたらいいの?ということですが、結局は日頃から運動習慣を身につけるのが良いのです。

加齢によって、筋肉が衰えるのだったら、それを予防するということですね。
普段から適度な運動を心がけましょう、ただし、くれぐれも無理は禁物ですよ。
それこそ足がつる事にもなりかねませんからね。

足がつる原因~本当に病気かも?

病院
これまでの対処法は、あくあまでも原因疾患がない場合です。
足がつるという状況において、病気が隠れていることもあるので注意してください。

対処法をやってみたけど、足がつるのは変わりない…結構、まだ頻繁に起こる…。

それ以外にも浮腫んでいたり、しびれがある、喉が乾く、歩行障害などの症状があれば速攻で受診してくださいね。
重篤な病気によって足がつっている可能性があります。

例えば、閉塞性疾患で足の血管が詰まりかけている、神経が圧迫されるヘルニアや狭窄症、糖尿病での神経障害や血流障害、ミネラルバランスの崩れによるもの…などです。
もちろん、これだけではありませんよ。

また、血流不足で血液の流れが滞りがちなために、足がつる状態になっているのであれば、体の他のところも同じように血液が流れづらい状態になっていることも考えられます。

脳梗塞や心筋梗塞の前兆の可能性は、ゼロではありません。

たかが「足がつる」くらいどうってことないでしょう…と安易な思い込みはぜず、何か他に症状がないかを確認し、必要とあれば医療機関を受診し、医師の診察を受けるようにしましょう。

スポンサーリンク