あれこれリサーチ

気になる話題や情報を調査しています

エイプリールフールの個人が使える面白いネタのコツとポイント

   

エイプリルフール

毎年、エイプリルフールになると企業が面白ネタいネタを披露しますよね、まさにネタ合戦…中には、かなりの時間をかけて用意するところもあるようです。
Googleなんかは本気度高いですあら毎年楽しみですよね。

そういった、大掛かりなものでなくても個人同士で嘘を付き合う日。例え嘘をつかれたとしても、怒ってはいけない1年に1度の日って、貴重でしょう。
個人がこじんまりと…彼氏、彼女、友達なんかがひっかかる嘘のコツやポイントをご紹介します。

スポンサーリンク

 

エイプリルフールにひっかかりそうな嘘をつくコツ

びっくりした女の子

本気で騙そうと思ったら、急な思いつきでやってはダメです。相手が用心深いなら尚更ですよ。
前もって、十分にネタを吟味、企画して実践です。
つく嘘は、どのようなものでも良いわけではありません。

<日常的に起こってもおかしくない事柄>
「雪女が桜を凍らせてる~~~っ!」なんて言ったとしても誰も信じないでしょう^^;
もしかして、ほんとに…?と、あんまりないことだけど、もしかするともしかする…くらいの事柄が適当です。
「巨大クモがこっちに向かってきてるよ~っ(ないか^^;)」くらいが丁度良いかも。

※あまりにもありふれた事だと、面白いという点では失格です。
あくまでもユーモアを忘れずに。

<チーム体制で行う>
何人かの複数体制で一人を騙す…これは疑り深い人には最適です。
「どっきり戦法」ですね。

メールを貰った女性

【エイプリールフールのメールネタ】

その年は、エイプリールフールが休日でした。友人から携帯に「今、おまえの家の前にいるよ~」とメールが届きました。
(自分)「エイプリールフールでしょ…、そんなのに騙されないよ」と返事をしました。
それから数分後に別の友達から「イマ、オマエノウチノマエニイル」と不気味風なメールが届きました。

内容が同じメールが2回ですが、送信者は別人…「まさか!?」と思って、家から出て外まで見に行ってしまいました。

…誰もいませんでした^^;

引用:用心深い友達にも「まさか!?」と思わせるエイプリルフールのコツ

複数で企てられると信憑性が増すのは確実です。
ここまでして嘘つかんだろ~と思ってしまいがちなので、そこを突いたものです。
この場合は、一人は全く知らない人(一人は自分の友達、もう一人は友達の友達)だったら尚良かったですよね。
知らないメルアドからメールが来た…ということで、より不気味さを演出できます。

スポンサーリンク

 

《タイトル偏》
メールのタイトルでどっきりさせて、本文でネタをバラす…という驚愕ネタも面白いですよ。彼氏や彼女にも良いかも…こちらでいろいろ紹介されています⇒エイプリールフールメールのネタ集!友達や企業も衝撃連発!

悪ふざけの男の子

4月1日は、エイプリールフールの楽しい嘘の付き合いをしますよね。
しかし今では、この日があまりにも浸透しすぎて、なかなか信用してもらえず、つまらんことも多くなっているのが現状です。
「くるか、くるか」と相手に身構えられてしまうんですね。
真実味があって、相手に「えぇっ!本当に???まさか~~」と思わせるような、それでいてバラしたあと笑って済ませられる…。難しいかもしれませんが、1年に1度、せっかくなので頭を捻らせて、面白いエイプリールフールのネタを用意して、挑んでください。

うまく騙せたとしても、その後あまりにも調子に乗りすぎると相手が本当に怒ってしまうことも…くれぐれもホドホドに。

スポンサーリンク