あれこれリサーチ

気になる話題や情報を調査しています

赤川花火大会2017駐車場や有料席は?穴場スポットはある?

      2017/04/25

赤川花火大会

出典 http://hanabi.walkerplus.com/photo/detail/27284.html

山形県鶴岡市で開催される赤川花火大会は、日本の花火100選でもトップ10に入るほどの全国でも有名で人気のある花火大会です。

「全国デザイン花火競技大会」として全国選りすぐりの花火師たちがパフォーマンスを繰り広げるというもの。
その赤川花火大会には、毎年、全国から多くの人が訪れるんですね。

そこで、今年2017年度の赤川花火大会の日程や開催場所、時間、アクセス、駐車場情報などをお伝えします。
また、穴場スポットもご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

 

赤川花火大会2017の日程・場所・時間・駐車場は?

赤川花火大会

出典 http://niigata.way-nifty.com/ifamily/2009/08/post-7dc8.html

<日程>
2017年(平成29年)8月19日(土)
※雨天決行、河川敷増水時は翌日に順延

<時間>
19時~21時

<会場場所>
山形県鶴岡市赤川河川敷(羽黒橋~三川橋間)

<住所>
鶴岡市伊勢原町8-5

<打ち上げ数>
約1万2,000発

<アクセス>
【車】
山形自動車道鶴岡IC~県道332号・国道345号経由~国道112号庄内町方面(6km:13分)
【電車】
JR羽越本線鶴岡駅~徒歩30分(JR鶴岡駅より有料臨時バス運行(15分)~下車徒歩5分)
【飛行機】
庄内空港からリムジンバス鶴岡行に乗車(40分)

<駐車場>
無料約3,000台14時~23時:鶴岡中央工業団地各所(協力会社)・鶴岡市櫛引総合運動公園(有料シャトルバスあり)
※一部有料民間駐車場(2,000円/台)

<交通規制>
花火大会当日は会場周辺で交通規制あり(打揚げ場所・会場周辺車両通行止め):13時~23時

<問い合わせ先>
赤川花火大会実行委員会:0235-28-1873
赤川花火大会公式サイト 

※予定は変更となる場合もあります、ご了承ください。

 

赤川花火大会の有料席は?

有料席

出典 http://www.vinz.jp/Fireworks_Akagawa.html

赤川花火大会では、有料席である「特別観覧席」の用意があります。
有料席のタイプ別に、位置や人数、イス席、枡席などが選べます。

有料席のチケット販売は、6月中旬以降から順次開始予定です。

●リピーター販売:6月12日(月)10時開始~6月24日(土)終了→公式ホームページより(対象者には5月末から購入に関する案内を送付)
●地元先行販売:6月17日(土)6月18日(日)11時~15時→イオン三川1階特設会場
●一般販売:7月1日(土)10時開始→公式ホームページより

※有料席「特別観覧席」の詳細はコチラ

※2017年の今年から三川橋側に無料席はありません。新設された「F席(枡席)」として有料席になりましたのでご注意ください。

 

赤川花火大会の場所取りは?

赤川花火大会では、最大打ち上げ幅は700mと、河川敷の両岸を利用したものとなっていますので、どの位置からでも比較的花火は見えます。

花火が見える場所を探す…とい意味では、割りと場所取りしやすいでしょう。

打ち上げ時間1時間くらい前に会場に到着しても、大丈夫な場合もあります。
とはいえ、それよりも若干早めの方が良いに越したことはありません。

スポンサーリンク

 

赤川花火大会の穴場スポットってある?

赤川花火大会では、場所取りにあまり気を使わなくても良いでしょう。
それでもなるべく混雑がない方が良い、人が少ない方が良いって場合の穴場スポットをいくつかご紹介します。

 

<穴場1:鶴岡市立朝暘第五小学校のグランド>


花火の打ち上げ場所の正面となりますので、花火が綺麗に見える場所です。
朝陽第五小学校のグラウンドは毎年花火大会当日はこちらを開放してくれています。

広さもあり、ゆっくりゆったり花火見物ができます。

 

<穴場2:鶴岡東公園>


鶴岡市立朝暘第五小学校より東に移動した場所になります。
駐車スペースがあるのが嬉しいところ。
広場で、ゆっくり花火観賞できますが、周囲に住宅があるので、はしゃぎすぎには注意です。

 

<穴場3:三川橋近辺>


花火大会当日、会場までの人の流れに逆らって、三川橋を目指してください。
こちらは、混雑も緩やかで、場所取りもしやすいです。

遮るものもないので花火がよく見えるビュースポットです。

 

<穴場4:羽黒橋近辺>


会場を若干横から見るような感じになりますが、こちらも遮る物がないので視界は良いです。

 

<穴場5:羽黒町側の土手>


打ち上げ場所の対岸の位置になるので、割りと混雑が少なめです。
周辺は、農道、農地が広がっています。
高い物がないので、視界も良いです。

 

<穴場6:ブルボン羽黒工場近辺>


お菓子メーカーの工場近くとなります。
鶴岡駅とは逆方向なので、人出は少な目ですが花火の雰囲気は十分感じられます。
人気が出てきている穴場スポットです。

 

赤川花火大会

出典 http://hanabi.walkerplus.com/photo/detail/33886.html

赤川花火大会は、2017年の今年27回目を迎えます。毎年、全国の花火師たちが趣向を凝らした花火を打ち上げて競い合い、赤川河畔の夜空を彩ります。
両岸を利用した幅広い会場からの花火は、圧巻であり、見応え抜群です!

幾つもの花火が同時に披露されると、最大で700mというワイドな迫力を感じられるのが魅力で、感動のエンディングを飾ります。

枡席からの見物は、見上げてしまうのほどの臨場感があります。
全国屈指の花火大会と評された赤川花火大会をぜひ堪能してください。

スポンサーリンク